院長ブログ

blog

2018.07.17更新

わんちゃんの飼い主様で、今までに「目(白目)が赤い」という症状で受診されたこともあると思います。
白目が赤いというと、「結膜炎」という言葉を思い浮かべる方も多いと思います。
結膜炎の原因には、細菌性、ウイルス性、アレルギー性、などの他に、涙が出なくなり目が乾くことによるも(乾燥性角結膜炎)、小さな逆さまつ毛によるもの(異所性睫毛)、まぶたが内側や外側にめくれることによるもの(眼瞼外反・内反)、というようなもとになる原因が他にあって結膜炎が起こることもあります。また、その他にも白目が赤くなる疾患には、強膜炎、角膜炎、前部ぶどう膜炎、緑内障、などがあります。結膜炎と診断を下すには、様々な疾患を鑑別しなくてはなりません。白目が赤くなり、動物病院を受診し「結膜炎」と診断され目薬を処方されたが、なかなか良くならないといった経験はありませんか?

投稿者: アーバン動物病院

ご予約・ご相談はお気軽に

早稲田・大久保でペットのことでお悩みでしたら、アーバン動物病院まで。まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 03-3204-1323
  • top_img13.png
  • 24時間受け付けております 初診のWEB予約
  • 院長ブログ
  • どうぶつ健保対応医療機関 アニコム損保
  • アイペット損害保険株式会社対応動物病院
  • アクサダイレクト
  • iタウンページ
  • 新宿区保健所衛生課 (犬・猫・ペットについて)